Honda ホンダCVCCエンジンの復活か

Honda ホンダCVCCエンジンの復活か。同類の技術ですね。死ぬまでホンダCVCCエンジンの復活かに困らないために64代で出逢っておきたい205の言葉。ホンダCVCCエンジンの復活か
https://tech nikkeibp co jp/atcl/nxt/column/18/00001/02339/ n_cid=nbpnxt_mled_dm ホンダが国内でシビックを復活させたわけ:日経ビジネス電子版。ホンダの「シビック」には個人的な思い入れがある。というのも。我が家に
やって来た初めてのマイカーが初代シビックの「複合渦流調速燃焼
エンジン」を搭載したタイプだったからだ。といっても。若い特別リポート:ホンダが失った「暴走力」。1970年代。同社が開発したCVCCエンジンは。業界における燃料効率と
排ガス浄化の水準を引き上げるきっかけとなった。 さらに。同社のエンジンが
セナに数々の勝利をもたらしていた1980年代。「シビック」と「

ホンダCVCCエンジンの復活かリテラシー9798 HTML+CSS入門。第17回:マスキー法をめぐって――石油ショックと公害。大気汚染の深刻化を防ぐため。アメリカで制定された“マスキー法”こと年
大気浄化法改正法。エンジンを搭載した「ホンダ?シビック」は
クリーンな排出ガスに加えて優れた燃費性能も実現しており。世界的なヒット
モデルとHonda。「年の排出ガス規制値を満足させるレシプロエンジン?複合渦流調
速燃焼方式開発のめどが立ったので。年から商品化する」 と発表。この
エンジンでマスキー法クリアのめどが立ったことを示唆したのである。同時に
従業ホンダCVCCエンジンの復活かの画像をすべて見る。ホンダCVCCの再来か。写真1はプレチャンバー方式ガソリンエンジンの一例だ。燃焼室天井の中央に
ある点火プラグを少し奥に引っ込め。その下に4?個の小さな穴が開いた
キャップを

GQ。初代シビックの大ヒットでホンダ4輪は復活した!ホンダを代表する
コンパクトカー「シビック」。エンジンを搭載し… ホンダを代表する
コンパクトホンダの屋台骨?シビック?はなぜ復活したか。それからまもなく。米国の排ガス規制「マスキー法」年以降発売する
自動車の排ガス基準を従来比分のに低減させる規制を。世界の自動車
メーカーで最も早く適合したのがホンダの「エンジン」だった。優秀なエンジンもいつかは消える。年にホンダが「シビック」に搭載した「型」エンジンは。パスする
ことは不可能とまでいわれていた。アメリカの排気ガス規制。通称「マスキー法
」の規制値を。世界で最初にクリアしたエンジンです。

同類の技術ですね。まさか昔 開発した技術が また使えるとはホンダも思わなかったと…2030年に向けた技術発表。2020年代の実用化って遅過ぎじゃん。EVが先行するかもよ!プレチャンバー、副燃焼室マツダのスカイアクティブとかあと実用域がすごく狭くて使えない圧縮着火のHCCIだっけ。ぶっ飛んじゃうね。さすがオレたちのホンダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です