昭和天皇は 日本は国体護持天皇の命の保障という有条件降伏

昭和天皇は 日本は国体護持天皇の命の保障という有条件降伏。たしかに日本側はポツダム宣言に対して、天皇の国家統治の大権を変更する要求を含まないものと諒解するという旨を加えて申し出を行っていますが、これに対して連合国は明瞭な回答をしていません。「京大出て美人なんてもったいない」と言う人は、じゃあ俺が日本は国体護持天皇の命の保障という有条件降伏をしたのにどうして無条件降伏をしたと言う人がいるのでしょうをすれば許してくれるのか。日本は、国体護持(天皇の命の保障)という「有条件降伏をした」のに、どうして「無条件降伏をした」と言う人がいるのでしょう 日本の無条件降伏/終戦の詔勅。国体護持」とは天皇制維持ののことで。このまま戦争を続ければソ連参戦により
共産主義の影響が及んで天皇制が崩壊することを東郷茂徳外相らは「国体護持
」のみを条件としてポツダム宣言受諾を主張したが。阿南惟幾陸軍大臣らは自発
的な武装イギリス首相チャーチルは。その『第二次世界大戦回顧録』で。日本
の無条件降伏について次のように述べている。連合国首脳であるチャーチルが。
広島?長崎への原爆投下によって日本が降伏したという見方は間違っていると
言って昭和天皇は。その決定が。昭和天皇による「聖断」によって実現したことはよく知られている
。一方。より長い時間軸まず連合国軍による降伏勧告。「ポツダム宣言」
以下「宣言」から月日までの大まかな流れをみておこう。 同宣言は年

日本は国体護持天皇の命の保障という有条件降伏をしたのにどうして無条件降伏をしたと言う人がいるのでしょうで人気のベスト262を有料会員にならずに知ることができるリストを作ってみた。【翻訳】。日本国は無条件降伏をしたか。日本国の無条件降伏といわれていましたが。最近の若い人たちの中には。無条件
降伏ではないという人もいるようです。日本は連合国がポツダム宣言という形
で提示いたしました戦争終結の條件を無條件で受けて終戦いたしたのであります
。このため。普通の日本語で。日本は無条件降伏したということは。間違い
ないでしょう。する説は。「ポツダム宣言には。日本の国体護持が示されて
いるので。日本は国体護持の条件の下。降伏したのであるから。無条件降伏では
ない」と第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。日本」 何と言う不思議な国であろう。 歴史的結果としての日本は。世界のなかで
きわだった異国というべき国だった。兵 士の生命の軽視を土台にした白兵突撃
と精神主義の強調が。アジア太平洋戦 争における大きな犠牲につながるのである
。天皇のために戦争に征ったという人もいるが。それは言葉のはずみであっ て
関係ないですね。樺太ロシア軍降伏日本が無条件降伏した月
日以降も。これらの類型の中の いくつかの死は続いていたということです。

たしかに日本側はポツダム宣言に対して、天皇の国家統治の大権を変更する要求を含まないものと諒解するという旨を加えて申し出を行っていますが、これに対して連合国は明瞭な回答をしていません。 大雑把に言えば国民が決めることだと返答が来たのですが、これはつまり国民が望めば天皇の立場は変更されるということになります。後のイタリア王国がそうであったように。 これに対して大本営政府連絡会議参加者のうち三名半数が反対してまた議論が堂々巡りに陥っています。鈴木貫太郎自伝によればその主張は「閣僚の中で3人の大臣は、この回答に満足して戦争を終結に導いた場合には、国体の護持は困難となり、将来大混乱を来たし、光輝ある歴史を汚すに至るとして、この際むしろ玉砕しても徹底抗戦すべしと主張して、またまた一大難艱が発生するに至った。」 ということですから、すくなくとも彼らは国体護持が約束されたとは思っていなかったんですよ。実際、彼らはもう一度連合国側にこの点を明瞭に問うべきだと主張しています。 議論は平行線をたどり収拾がつかなくなり、返答の遅れで連合国側の動きも不穏なものとなっていきました。 そしてついに二度目の聖断が下ります。「自分の意見は去る9日の会議に示したところとなんら変わらない。先方の回答もあれで満足してよいと思う」 これで結論が出ました。連合国に条件を受け入れさせたわけじゃないんですよ。実際、国体についてはなんの保障もされませんでしたが、鈴木貫太郎は保障を求めなくとも国民が選択できるのであれば解決できる問題だとしています。 鈴木貫太郎自伝より引用「正式回答の第三項にしても、究極の日本の政体を決するのは、結局我が国民である。 さすれば何もこれを外国側に保証を求めずとも自主的に解決し得ることであり、かかることで千載一遇の機会を逸し、血迷って、国家を滅亡のどん底に迫いやってしまえば、結局何物も残らないことになる。」 ちなみに、昭和天皇を訴追しないことは、正確な時期は不明ですが、相当に早い段階でアメリカでは検討されています。こうなるともう言葉の遊びですね笑。ポツダム宣言は日本と敵対関係にあった多くの連合国を代表してアメリカ、イギリス、中華民国が日本に対して出した13項目からなる降伏要求です。日本政府は一度は拒否しましたが、結局昭和の深夜に中立国を通じてポツダム宣言受諾を通知、降伏して戦争が終わりました。その前段階で日本はアメリカに「国体の護持」を要求していますが回答は無かった。ポツダム宣言自体もそのままで変更無し。そしてそれとは別に「占領期間中は天皇及び日本政府の権限は占領軍最高司令官に隷属するものとする」と言う別項目が追加されました。そして日本はそれも含めてポツダム宣言を受諾。その結果、天皇は大日本帝国の統治者?陸海軍統師の大元師陛下から「象徴」になり、憲法まで変えられてしまったので、今更無条件降伏だ、いや、有条件降伏だ、と議論してみても仕方ないでしょうね。なお、ポツダム宣言の前にアメリカと大本営が交わした密約はありません。ポツダム宣言もよく知らないのにこんな質問を立ててはいかんよ笑ポツダム宣言に関する日米の密約など無い。ポツダム宣言1945年7月が出されるはるか以前に、連合国は天皇制を廃止する意思は無くしている。 1944年5月9日にアメリカ大統領に出された提言で、ハル国務長官当時は、「我々は日本の政治の手続きが天皇制を日本軍部の道具たることを許容していることを指摘した。そして、したがって、我々がもし日本の軍国主義を一掃しようとするなら、この緊密な関係は断ち切られなければならない.」「われわれは天皇にいくらかの権能を認めるという第三の方法が最善の可能な方法であると感じることを認めるべきである。すなわち連合国の軍政当局は、天皇にその下にある官吏に対する行政上の権限の割り当てに関連する一定の権能だけを行使することを認めるべきである.」 そしてじっさいのGHQによる占領統治はこの通りになった。 日本はポツダム宣言について、無条件で受諾した。しかし、連合国を主導するアメリカが、天皇制そのものは維持する方針であった。無条件降伏とは外交用語では「相手から提示された降伏条件について交渉せず丸呑みすること」を意味します。軍事用語での無条件降伏は降伏先の命令に全面的に従う降伏ですが、この場合戦時国際法が適用されるのでどんな命令でも下せるというわけではありません。故にポツダム宣言で出された条件を日本は丸呑みして降伏し、軍は連合国軍の命令に従うことを受け入れたのでどっちの意味でも無条件降伏となります。1945年9月2日のミズーリ艦上においての降伏文書で「…一切の日本国軍隊及び日本国の支配下にある一切の軍隊の連合国に対する無条件降伏を布告す」「天皇及び日本国政府の国家統治の権限は、本降伏条項を実施するため適当と認る措置を執る連合国最高司令官の制限の下に置かるるものとす」と書かれており、国体護持について言明しているとは思えませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です