因数分解の問題で a+bの2乗-4ab

因数分解の問題で a+bの2乗-4ab。=a^2+2ab+b^2。【衝撃】a+bの2乗-4abに年941万使う主婦が選ぶ!値段の27倍得する本57選。中学 数学 【(a+b)の2乗-4ab】 を因数分解すると、何故、 《《《(a-b)の2乗》》》 になるんですか -4abはどこいったんですか 因数分解の問題で。因数分解の問題で。^+–^があるのですが。 解答は+–
,私の答えは+–です。これでも符号が箇所ちがうので正解だと思い
ました。 因数分解で正しいあらわあ仕方が決まっているのか。私の答えも正解式の値。x2-y2 2乗の差=和と差の積 から。 =x+yx-y =2/√3
×2/√2 =4/√6 分母を有理化a+b2-a-b2=2a×
2b=4ab よって。 ab={a+b2-a-b2}/4至急。お目当ての二乗と二乗が現れますが。同時に邪魔な出てくるので。それを
引く訳です。 実際に+二乗-を展開すると。 二乗++二乗-=
二乗+二乗って感じでキレイ

式の計算の応用2?解答。a+b=5。ab=3のとき。a+bの値を求めなさい。 a+b を目にしたら
。カッコをつけて2乗だ! → a+b a+b質問。質問<2550>2005/8/22 =ハル「因数分解ですが」 二乗-
1二乗-1-4 が答えを見てもどう解いたのか分かりません。 解き方
を教えて頂けたら幸いです。 ☆希望☆完全解答☆ お返事2005/8/24

=a^2+2ab+b^2-4ab=a^2-2ab+b^2=a-b^2ですからとしか???公式を思い出してください。x^2+2xy+y^2=x+y^2です。同じように展開し同類項をまとめて整理した後インす分解するだけです。a+b2-4ab↑↑↑この式の前の項を展開すると、+2abが出てくることが予測できます。そして、後ろの項が「-4ab」なので、「+2ab-4ab=-2ab」になり、差の平方に因数分解できる式になることも予測できます。差の平方の公式a‐b2=a2‐2ab+b2 では解いてみます。a+b2-4ab=a2+2ab+b2-4ab=a2+2ab-4ab+b2=a2-2ab+b2これを因数分解します。差の平方の公式を逆にするだけです。a2-2ab+b2=a‐b2-4abは、+2abを「-2ab」にするために使いました。ちょッと分かりにくかったでしょうか。-4abの役割だけでもご理解いただけたら嬉しいですが…。展開してみればすぐ分かることです。a+b2-4ab=a2+2ab+b2-4ab=a2-2ab+b2=a-b2a+b2-4ab=a2+b2+2ab-4ab=a2+b2-2ab??+2ab-4abより、-4abは消えます。-2abはa-b2の一部に。=a-b2a+b2-4abの因数分解!答えa-b2-4abは何処に消えたのか?変装して ドロ~ン!とa-b2の中に消えました!a-b2=a2-2ab-b2ドローン!と-2abに変装しました!またまた!ドローン!と消えました!a-b2!分からないなら、展開してバラバラにしてみれば良いです。その後、同類項である2abと-4abをまとめてみな。そうしたら分かるでしょ?例の因数分解の公式が出てくるんだから。a+bの2乗は展開すると、「aの2乗+2ab+bの2乗」となります。それからー4abとすると「aの2乗ー2ab+bの2乗」となります。これを因数分解すると、「aーbの2乗」となります。展開して因数分解してみましょう。a+b^2-4ab=a^2+2ab+b^2-4ab=a^2-2ab+b^2=a-b^2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です